京都ふるさとの原風景
三岳山麓の自然に囲まれた里山

京都府の北部にある福知山市は明智光秀が築いた城下町。
三岳地区は市街地から車で20分ほどの山間部にあり、地区の真ん中を南北に国道426号が通っています。
国道から脇道を登ると眼前に「天空の里」と呼びたくなるような高低差と
古民家・田畑の美しい景観が現れます。
地域のおじちゃん、おばちゃん達がいきいきと活躍しています。

福知山市 三岳について

里山と寺院が織りなす風景が広がる三岳地区。福知山市の市街地から車で20分ほど。福知山市内で一番高い「三岳山」を誇り、頂上からは大江山連峰を望むことができます。また、“丹波の雲海”の穴場スポットとしても有名です。

里の駅 みたけ

地元で採れる新鮮野菜、お米、漬物・ジャムなどの加工品を販売している「里の駅 みたけ」。週末には食堂も運営しています。地元のお母さん達が振る舞う「ふるさとの味」。オンラインショップでもお買い求めいただけます。

三岳かかしの笑学校

閉校した旧三岳小学校を拠点に活動している「三岳かかしの笑学校」。かかしづくりを通して、地域づくりに取り組んでいます。三岳地区のあちこちでかかしを展示。月1回メンバーが集まり、思い思いのかかしを作っています。

PAGE TOP
MENU